カテゴリー: MT4

フリーダウンロードできるMT4のEA

MT4で稼働できるEAは有料のものから無料でフリーダウンロードできるものまで様々です。無料でフリーダウンロードできるEAでも有料のものに劣らずFX自動売買で稼げるものは国内にも海外にも多数あります。MT4のEAを選ぶ際、自分のトレードスタイルに合ったEAを選ぶことが大切であり、相場によって向き不向きがありますので複数のEAを所有して使い分けることはFX自動売買で勝つためには重要な要素の一つになります。まずは無料でフリーダウンロードできるEAを複数試してみて、自分に合ったEAのタイプを見極めることをお勧めします。インターネットでフリーEAと検索すると多くのサイトでフリーダウンロードできるようになっていますが、基本的には無料EAには口座縛りの制限がかかっていることが多いです。口座縛りがなくパフォーマンスも良いEAを探すのは少し苦労するかもしれません。また、中には個人がアップロードしているような実運用には不十分なEAも出回っているのでご注意ください。いずれにせよ、実際の運用にはバックテストやフォワードテストの結果などでEAの実績を検証してから運用することが大切です。

MT4でEAのバックテストに合わせた最適化の設定

MT4での最適化の設定とは、EAのバックテストに合わせて、パラメーターをどの数値にしたら一番利益が出ていたかを過去のデータをもとに検証し、パラメーターの設定を調整していく作業です。最適化をおこなうことでバックテスト結果に一番適したMT4のパラメーターを検出することができ、その条件においてはEAのパフォーマンスを最大にするパラメーターが分かりますが、それが将来の相場にも適したパラメーターになるとは限りません。過去のデータに合わせて過剰に最適化してしまうと、将来の成績はむしろ悪化してしまう可能性があります。販売されているEAはすでに開発者により最適化がある程度おこなわれていることが多く、自分で調整する必要がない場合もよくあります。MT4で最適化をするには、ストラテジーテスターを表示させ、最適化するEAを選択、通貨ペア、モデル、期間、スプレッドを選択。エキスパート設定の「テスト中」タブで最適化をおこなう初期証拠金とポジションを選択。「パラメーターの入力」タブで最適値を割り出したいパラメーターの「変数」欄にチェックを入れ「スタート」、「ステップ」、「ストップ」を入力。ストラテジーテスターの画面に戻り、「最適化」にチェックを入れたうえで「スタート」をクリックします。

MT4のEAのバックテストにはスプレッドの固定が重要

MT4のEAのバックテストをおこなう際、スプレッドは選択して固定するか現在値を選択するかになりますが、正しいバックテスト結果を得るにはスプレッドを固定することが重要です。現在値を選択していると、MT4のその時点でのスプレッドが適用されますが、バックテスト毎に異なる結果となってしまいます。多くのFX業者ではその時の相場の流動性によりスプレッドが変化する変動制を採用しており、MT4でEAのバックテストをする時に例えば普段はスプレッドが1pipsなのに5pipsに広がった時にバックテストを開始してしまうと全期間のスプレッドが5pipsとして計算され、実際にあるべき結果とかなり差が出てしまいます。平均的なスプレッドあるいはスリッページも考慮したスプレッドに固定してバックテストをおこなうことで比較的安定した結果を得ることができます。なお、MT4でスプレッドを選択する画面では、スプレッドの数値は0.1pips単位となり、つまりスプレッドを10にすると1pip、スプレッドを20にすると2pipsとなります。pipsは買値と売値の差を表すスプレッドの単位として用いられており、1pipがいくらを表しているのかは通貨ペアによって異なります。

MT4のEAのバックテストのヒストリカルデータとは

MT4のEAでバックテストをおこない過去の成績を確認するには、過去の為替相場が記録されているデータ「ヒストリカルデータ」を別途入手する必要があります。MT4標準のMetaQuotes社のヒストリカルデータはMT4上からすぐにダウンロードできるのですが、精度が悪いと言われており、一部の時期が抜けていたり数値のブレ幅が大きいなどの問題があるようです。MT4を利用できるほとんどのFX会社がヒストリカルデータを提供していますが、各社のデータ精度には差があり、精度が低いヒストリカルデータをバックテストに使用してしまうとバックテストの結果も精度が低くなり信用性が低いものとなってしまいます。ヒストリカルデータの入手先としては、海外FX業者のFXDD社が有名で、精度が高いヒストリカルデータが入手できると評価されています。FXDD社のヒストリカルデータは無料でダウンロードでき、MT4にインポートすることでバックテストを実施することができます。MT4のEAを選ぶ際にはバックテストの結果確認が重要であるため、良いEAを見つけるにはまず精度の高いヒストリカルデータを入手することから始めてみてください。